★鑑定中祈祷料無料!!★
-魂の引き寄せ・復活愛祈願・結婚祈願・浮気封じ-
あなたの願いを叶える最強の霊能力者 桃音

電話占い:桃音桃音先生が導いた幸せ桃音先生が導いた幸せ

桃音先生ブログ・桃音の恋つむぐ糸 新宮寺桃音ブログ・恋つむぎ開運恋愛テクニック

実際の鑑定を桃音先生が小説家いたしました!

亮介との関係は、もう、揺るぎないものであったと思います。

桃音先生には、亮介と、亮介のお子さんと私の4人の縁結びを重ねてもらい、毎回、結婚成就のご祈祷をしてもらいました。
「祈祷を続けていますから、どれくらい、結婚が早まったかを視てみますね」
「お願いします。」
「う~ん、春先には、結婚ですね。やはり早まりましたね。縁結びや祈祷は、運気が前倒しにならないと、意味が無いですからね。」
「そうですか!私が結婚!」
「私も響子さんの幸せが嬉しいです。」
「先生、亮介の3月の誕生日プレゼントに、水晶の置物を買ったんですが、どうですか?」
「ああ、それですか……。良いものですが、職人さんの邪気を吸っていますから、抜きましょう。あとは、神様の御霊を入れましょうね。何のお願いが、良いですか?」
「じゃあ……変わらない愛情!」
「判りました。では、今から始めますから。まず、お祓いしてから、願いと神様の御霊を入れますね。」

3月の亮介の誕生日は、ワクワクしました。珍しく、お菓子作りの本と格闘して、ケーキを焼きました。

「お誕生日、おめでとう!亮介に出逢えて、私はとても幸せです。本当の事を打ち明けると、亮介と付き合う為には、色々なものを捨てました。自分のエゴ、孤独に負ける弱い心、会社や不倫を認めない友達。でも、それ以上に素晴らしい愛情を亮介からもらえました。
亮介、ありがとう。そして、生まれてきてくれてありがとう。大好きです!」
そんな、手紙をプレゼントに添えました。かなり、本心を書いたから、どう、受け取られるか心配でした。

二人だけの誕生日は、楽しく、最高の幸せに包まれました。

その、2日後でした。夜遅くにインターホンがなりました。

「あれ?亮介かな?」

亮介は、突然来ることは始めてでしたから、少し驚きました。

そして、いきなり、玄関に立ったまま、
前のページへ最初のページへ次のページへ
霊感・霊視・透視・未来透視

目次

霊感・霊視・透視・未来透視

プロローグ

第一章:繋がること

第二章:繰り返す鑑定

第三章:別れ

第四章:無償の愛

第五章:離婚

第六章:祈祷

第七章:結婚

最終章:春