★鑑定中祈祷料無料!!★
-魂の引き寄せ・復活愛祈願・結婚祈願・浮気封じ-
あなたの願いを叶える最強の霊能力者 桃音

電話占い:桃音桃音先生が導いた幸せ桃音先生が導いた幸せ

桃音先生ブログ・桃音の恋つむぐ糸 新宮寺桃音ブログ・恋つむぎ開運恋愛テクニック

実際の鑑定を桃音先生が小説家いたしました!

2~3日は、ほとんど何も食べないで、ヨーグルトかスポーツドリンクだけでした。

亮介には、メールする勇気がなくて、寂しさに押し潰されないように、桃音先生とは毎日話しました。

桃音先生は、私の状態も透視しながら、話していたと思います。その都度、亮介と私が、2009年5月には、入籍するという話や、結婚式は控えめに神前結婚式が良いということ、2011年には女の子が産まれるということ…。私が希望を無くさない為の未来透視を繰り返してくださいました。

そのたびごとに、私は少しずつ、元気を取り戻しました。

寂しさを癒す、セッションやインナーチャイルドを癒すセッションもしました。

亮介と別れて一週間目の朝、アパートのドアに、あり得ない量の新聞や、郵便物がたまっていることに気付きました。整理していたら、一つの青い封筒が目に留まり、驚きました。

「響子へ」

「これ、亮介の字だわ!」
急いで封筒を開けました。深呼吸してから、便箋を開きました。

「響子、一人で大丈夫か、とても心配です。身体だけは大事にして下さい。愛しています。
今も。
亮介」

私は手紙を握りしめ、大声で泣きました。涙が溢れて止まりませんでした。
「亮介に逢いたい。何も望まない。亮介さえ、いてくれたら。逢えるだけでいい。亮介との時間がこんなにも大切なんだ!」

私はすぐに、桃音先生の予約を取りました。

「先生!亮介から手紙が来ました!今朝ポストに入っていました!」
「え!?メールでなくて手紙でしたか!」
私は桃音先生に手紙の内容と、これからは亮介と逢える時間を大切にして行きたいということ、今まで、どんなに亮介をくるしませたか後悔したことなど、一気にまくしたてました。
「響子さん…やっと、その位置まで、到達したんですね…。」
前のページへ最初のページへ次のページへ
霊感・霊視・透視・未来透視

目次

霊感・霊視・透視・未来透視

プロローグ

第一章:繋がること

第二章:繰り返す鑑定

第三章:別れ

第四章:無償の愛

第五章:離婚

第六章:祈祷

第七章:結婚

最終章:春